トップページ イベント案内
(見学会・シンポ等)
造園遺産の
インベントリーづくり
学生デザイン
ワークショップ
支部大会 関東支部について リンク

関東支部大会
Last Update: 2019.10.11


2019(令和元)年度日本造園学会関東支部大会案内
(造園CPDプログラム申請中)

■開催日時:2019(令和元)年11月23日(土)・ 24日(日)
■場所:千葉大学松戸キャンパスほか
(千葉大学松戸キャンパス 住所:〒271-8510千葉県松戸市松戸648)
交通アクセスはこちらをご参照ください。
■日程・内容(予定):
11月23日(土) 千葉大学松戸キャンパス
 ◆参加 受付開始             9:00
 ◆事例・研究発表会(口頭発表)      9:30〜11:30
 ◆事例・研究発表会(ポスター発表)   10:30〜12:30
 ※ポスター発表コアタイム        11:45〜12:30
 ◆支部総会               12:40〜13:10
 ◆学生デザインワークショップ(サマースタジオ2019)成果発表
                     13:30〜15:30
   ○60年後の代々木公園に何を残すか「五輪ミュージアムパーク」を描く

 ◆公開シンポジウム           15:30〜18:00
   ○グリーンインフラはいかなる価値を創出できるか?
   〜市民社会に受け容れられる価値の創造を目指して〜
  ・基調講演 エコロジカル・デモクラシー
   :土肥 真人(エコデモ財団理事長、東京工業大学准教授)
  ・基調報告 グリーンインフラ推進戦略
   :一言 太郎(国土交通省都市局都市計画課課長補佐)
  ・話題提供
   グリーンインフラとデザイン:福岡 孝則(東京農業大学准教授)
   雨から始めるまちづくり:神谷 博(NPO法人雨水まちづくりサポート理事長)
   健康福祉とみどり:岩崎 寛(千葉大学大学院園芸学研究科准教授)
   樹林地の管理と市民協働:佐藤 留美(NPO法人Green Connection TOKYO代表理事)
  ・総合討論 司会:木下 剛(千葉大学大学院園芸学研究科准教授)
 
 ◆交流会                18:00〜19:30

11月24日(日)
見学会
テーマ:柏の葉キャンパスシティにおける持続可能なまちづくりとみどり
時間  9:30〜16:00(予定)
    集合:国立がん研究センター東病院 バス停(東武バス)
    解散:つくばエキスプレス線 柏の葉キャンパス駅
見学地:こんぶくろ池自然博物公園,千葉大学柏の葉キャンパス,
    アーバンデザインセンター柏の葉(UDCK),
    パークシティ柏の葉キャンパス,柏の葉T-SITEアクアテラス等
講 師:
  NPO法人こんぶくろ池自然の森
  三牧浩也(UDCK副センター長)
  金香昌治(株式会社日建設計)
  小林達明(千葉大学大学院園芸学研究科)
  野田勝二(千葉大学大学院園芸学研究科)
  三谷 徹(千葉大学大学院園芸学研究科)
 コーディネーター:
  木下 剛(千葉大学大学院園芸学研究科・関東支部副支部長)
 参加費: 後日お知らせいたします
※見学会は、申込が定員に到達次第締め切りとさせていただきます。
※詳細は後日このホームページにてお知らせいたします。

■大会参加費(11月23日)
※シンポジウム・学生デザインワークショップ成果発表のみの参加は無料です。
※見学会・現地セッション(11月24日)参加費は、別途徴収させて頂きます。
 参加費  会員(賛助会員含む) 3,000円
 会員外            4,000円
 学生             2,000円
 交流会費 一般(学生以外)   5,000円
 学生             2,000円
 ・参加費には事例・研究報告集(1冊)が含まれております。事例・研究報告集のみを別途購入される場合は1冊2,000円で販売します。

■事例・研究発表の申し込み
 事例・研究発表を希望される方は,関東支部事務局までお申し込み下さい。
申し込み方法は後日このホームページにてお知らせいたします。

※研究発表の申し込みは締め切りました
9月30日(月) 発表申込締切
10月22日(火) 要旨締切

・口頭発表は40件程度を予定し,申し込みが多い場合には,希望発表形式を変更する場合があります。
・事例・研究の発表をされる方は,大会参加費とは別に発表登録料(1件あたり3,000円)が必要となります。
また,当日の発表でPCを使用する方は持参して下さい。PCの貸し出しはありません。
・事例・研究の発表を対象に優秀研究発表賞を選考し,表彰状の授与を行います。
授与式は交流会にて行いますので,発表者の方は是非交流会にご参加ください。
・事例・研究発表者を対象に関東支部優秀研究発表賞を選考し、表彰状の授与を行います。共著者全員が受賞対象となります。審査は、審査委員2名による採点で行われます(授与式は交流会にて行います)。

 ○賞の種類
 ・最優秀研究発表賞(口頭発表部門:1件・ポスター発表部門:1件)
 ・優秀研究発表賞(口頭発表部門:数件・ポスター発表部門:数件)
 ・奨励賞(全発表より数件)
 ・特別賞(全発表より数件)
 ○選考基準
 ・事例・研究の有用性・新規性
 ・発表資料(スライド・ポスター)の見やすさ
 ・説明のわかりやすさ・聴き取りやすさ
 ・質問に対する回答の適切さ
 ・発表時間の適切さ(口頭発表のみ)
 【関東支部大会事例・研究発表賞表彰規程(2013.08.15制定)

※発表を申し込まれた方は、以下のファイルを参考に要旨原稿を執筆し提出してください。
(口頭発表:2のみを提出 ポスター発表:3のみを提出
 1)【要旨執筆要領
 2)【口頭発表要旨原稿見本
 3)【ポスター発表要旨見本

■問い合わせ先
 日本造園学会関東支部事務局
 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
 東京農業大学地域環境科学部造園科学科内
E-mail kanto.jila[atmark]gmail.com([atmark]を@に置き換えてください)

<学生デザインワークショップについて>
 令和元年度学生デザインワークショップの参加者募集は終了しました。



  ■過去の支部大会
・2018年度 【開催案内】【報告
・2017年度 【開催案内】【報告
・2016年度 【開催案内】【報告
・2015年度 【開催案内】【報告
・2014年度 【開催案内】【報告
・2013年度 【開催案内】【報告
・2012年度 【開催案内】【報告
・2011年度 【開催案内】【報告】
・2010年度 【開催案内】【報告
・2009年度 【開催案内】【報告】
・2008年度 【開催案内】【報告

■過去の支部大会における発表リスト
・2018年度 【発表リスト
・2017年度 【発表リスト
・2016年度 【発表リスト
・2015年度 【発表リスト
・2014年度 【発表リスト
・2013年度 【発表リスト
・2012年度 【発表リスト
・2011年度 【発表リスト
・2010年度 【発表リスト
・2009年度 【発表リスト
・2008年度 【発表リスト
・2007年度 【発表リスト
・2006年度 【発表リスト
・2005年度 【発表リスト
・2004年度 【発表リスト
・2003年度 【発表リスト
・2002年度 【発表リスト
・2001年度 【発表リスト
・2000年度 【発表リスト
・1999年度 【発表リスト
・1998年度 【発表リスト
・1997年度 【発表リスト
・1996年度 【発表リスト
・1995年度 【発表リスト
・1994年度 【発表リスト
・1993年度 【発表リスト
・1992年度 【発表リスト
・1991年度 【発表リスト
・1990年度 【発表リスト
・1989年度 【発表リスト
・1988年度 【発表リスト
・1987年度 【発表リスト
・1986年度 【発表リスト
・1985年度 【発表リスト
・1984年度 【発表リスト
・1983年度 【発表リスト